BLOG

不動産は、住宅ローンが残っていても売れる?

「住宅ローンの返済期間が残っている間は、持ち家の売却はできない」と思われていませんか?

返済期間が終了していなくても、不動産の売却は可能です。
ただし、そう簡単にことは運ばないのも事実。

今回は、住宅ローンの残債がある場合の不動産売却についてご説明します。

不動産は、住宅ローンが残っていても売却できます

家やマンションの購入時に契約した住宅ローン。

金融機関からの借入額は、利子も含めて決まりの期間内に返済するのが原則です。

これは、不動産売却の障害になるものではありません。
ローン残債がある段階でも、不動産の売却は可能です。

ただし、手続きに入るには、抵当権を抹消してからになります。

抵当権とは、住宅ローンの返済が遅れた、あるいは滞納した場合、
お金を貸している金融機関が土地・建物の権利を代わりに持つというものです。
「抵当権を抹消する」とは、この関係をリセットすることを意味し、
リセットとは「ローンを完済する」ということです。

「何だ、やっぱり住宅ローンの完済が済んでからでないと売却できないのか」と思われるでしょう。

しかし、抵当権が付いたままの物件を誰も欲しいとは思いません。
ローンの残債は、基本的に不動産の売却額で相殺することになります。

住宅ローンの残債がある場合の売却方法

不動産の売却で住宅ローン残債を完済する方法は、「売却代金で丸ごと残債を返済する」
「足りない分を自己資金で賄う」「新たにローンを組んで返済する」の3つがあります。

売却代金で完済する

不動産売却で得た金額がローンの残債を上回れば、そのまま返済に充てることができます。
これが最良の方法と言えるでしょう。

ローンの残債を払った後も、なお手元に残金があれば、
不動産会社に支払う手数料や司法書士に支払う登記料に回せます。
高値での売却で残債を完済するためにも、
物件を良い状態に保持して理想の取引につなげましょう。

売却代金+自己資金

「不動産の査定に出してみたけど、ローンの残債を下回りそうだ・・・」。
こんな場合、貯金などの自己資金で賄うことができれば、売却可能です。

売りたい物件がどれくらいの額で売れそうか調べるために、
査定サイトなどを活用しましょう。
おおよその相場が分かります。

新たにローンを組んで完済する

家の住み替えが売却の目的であれば、
新居の購入で新しく契約する住宅ローンでの完済方法があります。

その場合、新しいローンに残債分を上乗せすることになります。
この住み替えローンももちろん審査があり、
残債分が上乗せされるだけに一般的な住宅ローン審査より条件が厳しくなる点に注意が必要。

また、上乗せできる金額にも上限があり、残債の程度によっては利用できないケースも。

住み替えとなれば、売却と新居購入の手続きを同時に進める必要があり、
過密スケジュールになることも押さえておいてください。

住み替えローンを利用する場合、そのメリット・デメリットの説明も含め、
不動産業者からアドバイスをもらうようにしてください。

 

関連記事一覧

あなたへのおすすめ記事

▼ 無料査定のお申込みはこちら

無料査定の依頼フォーム

無料査定の依頼フォーム

▼ 販売事例検索

販売事例検索

販売事例検索

▼ 購入希望者検索

購入希望者検索

購入希望者検索