BLOG

不動産売却前のクリーニングは自分でする?業者に頼む?

きれいな水廻りのイメージ

家を少しでも高く売りたいなら、水回りやリビングは清潔な状態にしておきたいところ。
そこで悩むのが、クリーニングを自分でするか、プロの業者にお願いするかです。

自分でキレイにする自信があればよいのですが、
「業者でないと手に負えない」ような汚れがある場合は、ハウスクリーニングがおすすめ。
その際も、安心して任せられる業者を見つけることが大前提です。

おすすめはハウスクリーニング

少しでもキレイな状態で住居を売却したいなら、専門のハウスクリーニング業者に依頼したほうが良いでしょう。

ただし、業者に依頼するとなると、それなりのコストがかかりますし、
自前の掃除で十分キレイになるのであれば、それに越したことはありません。

ハウスクリーニングの大きなメリットは、トイレやキッチン、レンジフードなど、
汚れやすい場所でも清潔でクリーンな状態に復元できるところです。

水回りの頑固な汚れは、自分で取ろうと思ってもなかなか落ちるものではありませんし、
他人の使用感や生活感などの痕跡が残っていれば、買いたい気持ちも冷めてしまうでしょう。

お客さまにとっては、すみかとなる場所ですので、見た目の状態や清潔感を厳しくチェックされるのは当然。
少しでも万全に近い状態で内覧を迎えたいのであれば、ハウスクリーニングがおすすめです。

ハウスクリーニング業者の選び方

ハウスクリーニングを利用する際も、業者選びには注意が必要です。

ネームバリューやホームページの見栄えだけで選ばず、
複数の業者から見積もりを取るなど、料金や対応を比較しながら慎重に選びましょう。

掃除をお願いしたい箇所をきちんと決めて、要望を伝えるようにしてください。

現場に来てもらってから、「それじゃこの部屋もお願いします」と言う方法だと、
追加料金を請求されてトラブルになることも。

場所ごとの料金やどの程度までキレイになるかも詳しく確認するようにしてください。

また、プロとはいえ、事故が起きないとも限りません。
損害賠償保険の加入業者であるかどうかもしっかり確認すること。

気になる点は納得のいくまでチェックするのが業者選びのポイントです。

自分で掃除する際のポイント

自分で掃除をする場合、「キッチン」「トイレ」「洗面台」「浴室」などの水回りのクリーニングは欠かせません。
水回りの汚れがあるだけで、その家のイメージはダウンします。

立地や日当たりなどがいくら良くても、住環境の快適性が保たれていなければ購入意欲は湧いてこないものです。
水回りの掃除は特に入念に行うようにしてください。

キレイになったかどうかは、なかなか自分では判断できません。
清掃後は友人や家族など、第三者の目を入れてチェックしてもらうことをおすすめします。

「この家に住みたいと思うか」という視点で評価してもらいましょう。
誰が見ても「キレイ」「住んでみたい」と思わせられれば、内覧でも好印象を持ってもらえるかもしれませんね。

 

関連記事一覧

あなたへのおすすめ記事

▼ 無料査定のお申込みはこちら

無料査定の依頼フォーム

無料査定の依頼フォーム

▼ 販売事例検索

販売事例検索

販売事例検索

▼ 購入希望者検索

購入希望者検索

購入希望者検索