BLOG

住み替えの際の重要ポイントを教えます

「マンションを購入して住んでいるが、手狭になってきなので今度は土地付き一戸建に住んでみたい。」
「郊外の広い家に住んでいるが、年をしてきて庭の手入れや雪かきが大変になってきた。」
「子供たちもそれぞれ独立したので、この家を手放して便利なマンションに住み替えたい。」

さて、住み替えの際にはどんなことに気をつけたらいいでしょうか?
住み替えというと、どうしても住み替え先を先に探してしまう方が多いと思います。

「住むところがなくては困るでしょう?」もちろんそうですが、資金に余裕がないとうまく行きません。

さあ、気に入った物件が見つかった。
いざ購入したいといった時には手付金を打って売買契約をすることになります。
(基本的にお取り置きは出来ないのです。)

売買契約書には残代金支払いの期限が明確に定められています。

手持ちの不動産がスムーズに売れなかった場合、手付金を放棄するか、
手持ちの不動産を安値で処分しなくてはならない状況にならないとも言えません。

住み替え先を全額自己資金で買える方、住宅ローンは完済済。
または自己資金で完済してしまえる方で、住み替え先の手付金や諸費用の手持ち資金があり、
住宅ローンを組める方などは購入を先行しても構いません。じっくり好きな物件を探せて、仮住まいも不要です。

しかし大部分の方は、今の住まいを売って資金に充てる。
現在の住宅ローンの残債を返済し、あらたに住宅ローンを組む。などしなくてはなりません。

そうすると、タイミングによっては仮住まいをしなくてはならなくなる事が最大の難点と言えますが、
ご自分の住宅を売ることを先行することがポイントです。売却が確定することによって、

「資金」が確定することが最大のメリットです。

住み替えで、資金に余裕が無く、売却不動産に頼らざるをえない場合は売却先行をおすすめします。

 

関連記事一覧

あなたへのおすすめ記事

▼ 無料査定のお申込みはこちら

無料査定の依頼フォーム

無料査定の依頼フォーム

▼ 販売事例検索

販売事例検索

販売事例検索

▼ 購入希望者検索

購入希望者検索

購入希望者検索